「羽田空港ハブ化」へ反発 橋下府知事と「成田闘争」

印刷

<テレビウォッチ> 昨日10月12日、前原国交相と橋下大阪府知事が会談。「羽田空港のハブ化」を打ち出す前原に、お荷物の関西空港への影響を懸念する橋下は反発。「関西にもハブは必要」と訴えたが、両者の認識は相容れなかったという。

   番組のインタビューでは、成田空港がある成田市長も「(成田空港反対闘争で)血を流し、死んだ方もいる。そういった事実と歴史的経緯を忘れてもらっては困る」と模範回答(解答)をよせた。

気持ちわかる

   ジャーナリストの鳥越俊太郎は、「(この状況は)自民党政権下の運輸行政が場当たり的で、そのときそのときで違ってきたことが原因なんです」。自民党への厳しい追及は政権交代後もまったく変わらず健在だ。

   弁護士の大沢孝征も「(運輸行政の)基本設計図がしっかりしてれば、こんなことにはなってなかったんじゃないか」と見つつ、三里塚闘争の参加者の同世代で、検察官時代にはその捜査も担当したという大沢は、めずらしく懐古的、情緒的であった。「あれだけ激しい闘争を経て、やっとできた空港が、やっと使えるようになったところで『いや、もういらないよ』みたいな発言はね……。成田市長の気持ちもわかりますね」

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中