2018年 5月 24日 (木)

NON STYLE 「M-1」連覇に意欲「漫才が好きなんです」

印刷

   漫才日本一決定戦「M-1グランプリ」の前年の覇者、お笑いコンビ・NON STYLEの2人が、二連覇に意欲を燃やしている。2009年10月13日に更新した両者のブログは、その心境について書き込まれている。

   ツッコミを担当する井上裕介は、今年もM-1に出場することについて、「色々、賛否両論あるでしょうし、おそらく否の方が多いかもしれません」とした上で、こう決意を表明した。

   「まぁ、出る一番の理由は、単純に漫才が好きなんです!!」

   人前で漫才をする。そして、みなが笑う。その瞬間が井上にとって、一番の幸せ。だから、結果というよりも、「大好きな漫才」を人前で披露することに喜びを感じている。

   「去年みたいなピリピリした空気の中に居なければいけないのかと思うと、涙が出そうになりますが、みなさん応援よろしくおねがいします」

   一方、ボケ役の石田明は、井上の方が先にブログに書き込んだことに対して、「完全に出遅れた」とおどけてみせるも、その思うところは石田も同じだ。石田は、ツアー14箇所をまわるうちに、漫才の楽しさには改めて気付かされたという。「漫才が好きなんですわ」。

   しかも、「M-1」の出場資格の関係で、NON STYLEのチャレンジは今年がラストイヤーとなる。それだけに、井上は「こんなに漫才に夢中になってハラハラしてピリピリしてドキドキできる年は今年が最後かもしれない。一生漫才は作っていくけど、あんなに本気で戦えるステージはMー1に参加できなくなったらもうないのかもしれない。そう思うと寂しくて」と意気込んでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中