新型インフル3日で4人死亡 「タミフル効かなかった?」

印刷

テレビウォッチ>きのう(10月15日)横浜市で、5歳の男の子が新型インフルエンザで死亡した。3日間で4-16歳の4人が亡くなり、死者は27人になった。厚労省によると、集団感染の発生は前週の1.5倍、休校・学級閉鎖は6476施設に及んだという。

   注目されたのは、横浜の5歳の男児は、タミフルを4回も飲んでいたこと。10月12日に発熱、翌日A型陽性と出たためタミフルを投与。しかし呼吸困難など病状は悪化、別の病院で3回タミフルを投与したが改善しなかったという。

予防接種を…

   厚労省は、急性脳症が重症化するのは5-9歳に多いとしていたが、今回は死因も急性脳症ではなく、重症肺炎と急性心筋炎とされている。なぜタミフルが効かなかったかは定かでないという。

   森本さやかの解説では、この男児はぜんそくの持病があり、呼吸障害が早くから出た。タミフルを2回投与した段階で、発熱は37.6度とたいしたことはなかったが、人工呼吸器を装着する状態だったという。「タミフルが効かなかったのかな」と。

   小倉智昭が、「タミフルへの耐性が考えられるのか」

   東京医科大学の松本哲哉教授は、「この場合は発熱の翌日には息が苦しいという状態なので、感染はもっと早かった可能性がある」という。

   小倉「肺炎になったとしても、対処はできる?」

   松本「できますが、ウイルスそのものに大しては、タミフルとリレンザしかない。タミフル耐性ウイルスならリレンザが有効だが、吸引式なので、肺炎を起こしている子どもに『吸って』というのは無理」

   森本「季節性に較べて、新型は肺にきやすいというが……」

   松本「新型の特徴は、肺でウイルスが増える可能性があること。ウイルスで肺炎を起こすと重症化しやすい」

   中野美奈子「早くタミフルを飲んでいればこうならなかった?」

   松本「可能性はある。が、今回は治療自体は問題ない」

   森本「厚労省のHPのQ&Aも脳症を念頭に置いている。肺炎を想定していなかった?」

   松本は、「脳症は子どもだが、肺炎は高齢者でも起こりうる。いったん起こると重症化しやすい」

   小倉「別の特効薬の可能性は?」

   松本「来年前半には承認となる新薬がひとつある。これは注射薬」

   森本「ペラミビルといって、タミフルの5回分の効能があるという」

   小倉が「きのうも忠さんと、年寄りは肺炎が恐いから予防接種しようかといっていたところ」

   前田忠明「肺炎球菌の予防接種ね」

   小倉「5年に1回しか打てないから、忠さんはもうちょっと歳とってからと。ボクはいま働いているんだからいまだ、と論争してた」(笑い)と、急に話が年寄りくさくなった。

   むやみに恐れることもないが、やっぱり不気味だ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中