「余剰」弁護士に光? 民主の秘書不足との関係

印刷

テレビウォッチ>「民主党の方は政策秘書がまだまだ足りない状況なんですね」と赤江珠緒キャスター。民主党の新人議員が大量当選して、秘書不足が騒がれたが、なかでも議員の政治活動を左右するとも言われる政策秘書の採用には慎重になり、決まってないケースがまだまだあるんだとか。

   「対象になる人が少ないので、人材難はしょうがない」と小木逸平アナ。資格試験は国家I種と同程度で、「本当にレベル高い」と小木。ただ、公設秘書10年(+研修)経験者や、弁護士、公認会計士には資格が与えられる。

有望だなと

   「司法試験を通った人の就職先になるのかな、と」。小木が半信半疑の口調でコメンテイターの大沢孝征弁護士に聞くと、「有望だなと思ってます」。昨今は司法試験合格者が非常に増えて、この業界でも就職難なんだそうで。

   「こういう分野に進出して修行するってことも、チャレンジする価値がある」「私の所に来た修習生にも勧めてみようかなという気もあります」と大沢は「弁護士秘書」の斡旋に前向きだった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中