3の倍数でアホになる ニューヨークで通じたか

印刷

「爆笑レッドカーペット 衝撃の世界進出SP!」(フジテレビ) 2009年10月17日 19時~

   今回は2時間スペシャル。通常の内容に加えて、日本のお笑いで世界の人々を笑わせようと、ハイキングウォーキングが韓国へ、世界のナベアツとゴンゾーがニューヨークへ行き、その芸をお披露目するという企画であったが、これがなかなか面白かった。ハイキングウォーキングといえばコーラを一気に飲み干し、ゲップをしないで山手線の駅名をすべて言いますという前フリをしておき、3駅目あたりでゲップを出して爆笑をとるといういささか品のない芸なのだが、果たしてそれが韓国で通用するのだろうか。まず、日本のテレビにも出ている韓国のコメディアンヌ、ヘリョンに芸を見てもらい、「赤いパンツ1枚の衣装はダメ」「相方の頭を叩くのもダメ」などダメ出しチェック、ライブ会場では現地の芸人に韓国語をチェックして貰い、ステージに挑んだ。山手線の駅名はどうするのかなと思っていたら、韓国の地下鉄の駅名に変更し、客席に韓国語で話しかけて笑いをとっていた。
   一方のニューヨークチームは、公園でパフォーマンスしていたらエディ・マーフィーなど多くのスターを排出しているコミックストラップライブのオーナーが偶然それを見ていてうちのステージに立たないか、と誘うあたりはヤラセっぽい匂いがしたが、世界のナベアツの「3の倍数でアホになる」ネタ、ゴンゾーのタンバリンネタもニューヨークっ子を爆笑させていたので笑って許そう。

(白蘭)

採点:1.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中