渡辺喜美、民主にブチ切れ 代表質問ダメに「嫌がらせだ」

印刷

   <テレビウォッチ>みんなの党の渡辺喜美代表が怒りをぶちまけたという。竹内香苗アナが読み上げる「産経新聞」によると、臨時国会での鳩山総理大臣の所信表明に対する代表質問を拒否されたことに、「議会制民主主義に反する。横暴、暴挙だ」と怒ったそうだ。

   拒否の理由を、民主党は「みんなの党の申し入れが遅かった」としているが、渡辺代表は「嫌がらせと受けとめられてもやむをえない。我々の言論が民主党には1番、嫌なのだろう」との見方を示したという。

何ですか?

   みのもんたが「何ですか、これ?」と与良正男(毎日新聞論説委員)に振る。

   「みんなの党は、首班指名選挙で鳩山さんに入れたいきさつがある。一方で、郵政の新社長人事では『わたり』だと批判している。渡辺さんは、それへの嫌がらせと言いたいのだろう」と与良は解説。さらに「民主党内には、与党の質問を減らせばいい、みたいな考えがある。おべんちゃらの質問は必要ないが、むしろ、与党の質問を増やして徹底的に議論をする国会に変身するチャンスだと思う」と言った。

   北川正恭(元三重県知事)も「国会は立法府として法律をつくることも仕事だが、政府のやることを徹底的に審査してそれを詳らかにして国民に情報開示する役割もある。国会審議を止めるという方向は決してよくない」と、民主党の姿勢に批判的だ。

   「代表質問もやらせてあげればいい」と、与良が結んだ。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中