2018年 7月 21日 (土)

浅田真央「5位」と不調 鳥越「コーチと連携が…」

印刷

<テレビウォッチ>「浅田真央選手、苦しいグランプリシリーズになってしまいましたね」と精気のない様子の赤江珠緒キャスター。フィギュアのGPシリーズ第2戦で不調の浅田は5位に終わり、GPファイナル進出ははやくもほとんど絶望的となった。

   第1戦終了後は、真央ちゃんのキャラ談義で盛り上がったスパモニのスタジオも、予想を超えた事態の深刻さに、今回は重苦しい、沈鬱な雰囲気。BGMで「鐘」が流れてきそうであった。

苦しい

   「来年2月のバンクーバー五輪(出場権獲得)へむけて、グランプリシリーズのことは忘れて、全日本選手権で勝つと――」。コメンテイターの鳥越俊太郎は声を絞り出すように言うと、コーチのタラソワにも「(浅田との)相性というか、連携がうまくいってないのでは」と疑いの目を向ける。真央ちゃんが指導を受けるのには、ロシアまで行かなければいけない。ほかのコーチはもっと選手に「密着」している――。

   第2戦終了後のTVインタビューで「もう失うものはなにもないから、私たちに怖いものはないわ」と答えたタラソワ。その応答についても、「(失うものは)あるんですよね」と不満げな鳥越だった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中