酒井法子、介護ナメてるのか!? 「裁判対策」と断罪の声も

印刷

<テレビウォッチ> 夫のような問題発言・行動もなく、酒井法子被告は法廷の場でも女優の資質をいかんなく発揮した。しかし、今後の進路として「介護の仕事をしたい」などと希望したことは、「唐突な感じがしますね」(赤江珠緒キャスター)と若干の物議を醸した。

   ゲストの元麻薬Gメンの小林潔は「これは裁判対策で言ったんだろう。介護職は、芸能界にいた方が簡単にできるもんかと思います。執行猶予を取るための手段であろう」と、にべもなく切り捨てた。

唐突な感じ

   作家の若一光司によれば、あるテレビ生番組では、この件でご意見を募集したところ、介護の現場の人たちから続々とFAXが届いたという。「介護の仕事を簡単に持ち出すな。自分たちは疲れても覚せい剤を使わないで頑張ってる」など怒りの声多数だったそうで。

「僕も聞いてて、(介護発言には)とても違和感を感じたんですよ」と裁判の被告の態度評価人で、裁判を傍聴した番組リポーターの井口成人。「でも、こういう人が、いずれ芸能界に戻るにしても、生身の生活、苦しさを現場で汗を流して学ぶということも大事なことだなあと思います」。

   もっともコメンテイターに近いリポーター、いやコメンテイターよりも多く意見を述べるリポーターは、誰よりも声を大にして訴えていた。今回のは被告に好意的な評価が下されたようだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中