トータス松本、初のソロツアー 達成感に「ちょっとだけ泣いた」

印刷

   活動を休止したロックバンド「ウルフルズ」のトータス松本が2009年10月28日のブログで、初めてのソロツアーを終えた心境を綴っている。

   トータスは全国11都市14公演で、26日までツアーを行っていた。広島公演(9月24日)を終えた後には「想像以上に空席が多くて動揺した」と綴るなど、苦戦した部分もあったようだが、最終公演(渋谷C.C.レモンホール)では「鳴り止まない拍手」を受け、終演直後は「楽屋のモニタでずっと(拍手を)見てた」というほど「有難かった」そうだ。

   そして、「猛烈に」盛り上がる打ち上げ。終わったばかりなのにもう「次への話」が出ることに「みんなどんだけ前向きなんだ」と少し圧倒されつつ、達成感に満たされる。そんな「大好きなメンバー達、他の何にも代えがたい場所」と「しばしのお別れだ」だからか、朝、ベッドで「ちょっとだけ泣いてしまう」と綴るトータス松本、42歳。「とにかく人生はおもろい。まだまだこれから」と、意気盛んだ。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中