モー娘亀井の大胆質問 大御所の顔が一瞬…

印刷

「美女放談」(テレビ東京) 2009年10月23日 1時~

   ハロー!プロジェクトのメンバーが、人生の先輩である女性と対談する番組。これまでに元総理大臣細川護熙夫人の細川佳代子や現総理大臣夫人の鳩山幸、ファッションデザイナーの桂由美、元千葉県知事の堂本暁子など、意外な女性たちが登場している。この日は先週に引き続き、モーニング娘。の亀井絵里が脚本家の小山内美江子が対談していた。現在20歳の亀井だが、アイドルの習性なのか自分のことを「絵里は~」というような幼い喋り方をするのが気になる。言葉には厳密であろう小山内が叱るかと思ったが、そういう場面はなかった。「3年B組金八先生」の脚本家でもある小山内に自分を使ってくれ、と直訴する亀井。可愛くってちょっと目立つ生徒の役で、っていつまで中学生を演じるつもりなのだろうか。
   そんな亀井、脚本料はいっぱい貰っているんですか? と小山内に質問。一瞬、小山内の顔がひきつったような気もするが、「ランクってものがあるのね。橋田壽賀子さんと倉本聡さんと山田太一さんと私、それと向田邦子さん、向田さんは早く亡くなっちゃったけど、この5人は別格で脚本料最高金額なの。今、景気が悪いからこの最高金額の人にはなかなか仕事が来ないの。橋田さんだけは別格、局を稼がすからね」と答えていた。怖いもの知らずというかなんというか。でもそのおかげで、大御所の嘆きのような本音が引き出せたのだから、対談としては成功か。

(白蘭)

採点:1.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中