武豊、天皇賞連覇へ懸念? 「泣き言を言うわけには…」

印刷

   騎手の武豊が、2009年11月1日に行われるGIレース「天皇賞・秋」(東京競馬場)で連覇を狙うGI6勝馬・ウオッカの感触をブログで伝えている。

   先週は土日で8勝。「久しぶりの固め打ち」と表現するように、週末の大一番に向けて意気も上がる。記事を更新した10月28日の朝はウオッカの追い切り調教に騎乗。「本当に文句なしの状態でした」とコンディションに関しては太鼓判のようだ。

   唯一懸念するのは距離。「2000mは本質的に長いと思う」と不安材料をあえて口にするも、「現役最強の名にかけて泣きごとを言うわけにはいきません」と気を引き締める。昨08年の同じ舞台で名勝負を演じたダイワスカーレット、ディープスカイはともに故障で引退。そんな「戦友」のためにも「連覇を勝ち取るつもり」とし「期待していてください」。タイトルを譲るつもりはないようだ。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中