2018年 7月 19日 (木)

はるな愛が世界1? ピーコが放ったひと言

印刷

<テレビウォッチ>タレントのはるな愛(37)が、世界1になったという。「その世界1の称号とは、こちらです」と中野美奈子。

   先10月31日、タイのパタヤで行われた「ミス・インターナショナル・クイーン2009」。きらびやかな衣装、肌もあらわにセクシーなダンス……どうみても女性だが、これがニューハーフの世界1を決めるコンテスト。タイでは500万人が視聴するという超人気イベントなのだそうだ。

あんなに細く

   これに、着物姿で「フロム・ジャパーン」と登場したはるな愛は、例のちょっと太目ながら、イブニングからビキニまでをこなして、見事優勝、賞金1万ドル(90万円)を手にした。

   映像を見るかぎり、ウエストのくびれもあって、テレビのナレーションが「はるなさん、こんなに美しいボディーラインでしたっけ」というほどだったが、この大会のために、64キロあった体重を13キロも減量した成果だとか。

テレビカメラに「アンビリーバブル、ベリーベリーハッピー。みんな、あのー、日本、優勝しました。やったよー」「帰ったらまずお父さんに。今回No.1になることが、おとうさんとの約束なんです」

   笠井信輔が「これは見事です」

   中野も「ボディーラインが……」

   小倉智昭も、「ついこないだ一緒に仕事したのに、あんなに細くなっちゃった」

   井が、「好きなビールも断って、減量したそうです。ブレイクする前にも出場したことがあって、そのときは4位だったそうです。にしてもきれいですね。ほかのニューハーフの人たちもきれいで……」

   中野も「きれい」。

   で、ここでピーコがひと言。「まわりのニューハーフの人たちのほうが、顔が小ちゃいのになと思って」(爆笑)「いつも、デブとか顔が大きいとか言ってるんだけど」

   「もう、デブとはいわせない」(笑い)

   でも、アジアのニューハーフは、本物の女よりよっぽどきれいだから、その中で勝つとはたいしたもの。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中