整形後はほとんど別人? 英会話講師事件

印刷

テレビウォッチ>2年半ほど前、イギリスからの女性英会話講師(当時22才)の死体を遺棄した疑いで手配中の容疑者(30)が整形した可能性が高いとの情報を繰り返し伝える。10月24日、名古屋市の美容整形外科で「鼻など複数個所を整形した」(リポーター)という。

   名古屋では、捜査員が手術後の写真を持って聞き込みを行っているらしく、番組の取材に対してホテルの支配人は「(公開手配の写真と比べて)二重まぶたで鼻がすっきりした感じ。唇が薄くなって、全体的にふっくらした印象」と言い、マンガ喫茶の従業員は「顔の肉づきがよくなっていて髪が長くてパーマをかけていた」と話す。どうやら、公開写真とはイメージがかなり違うようだ。

早くみたい

   被害者の父親は、容疑者が整形したと聞いて「執刀した医師は彼の顔に気づいたはず。どうして警察に通報しなかったのか。怒りがおさまらない」と話す。

   みのもんたも「気づかないですかね」と疑問を呈する。この点について、江藤史朗(元警視庁警視)は、現場に近い東京みたいな大都市だと容疑者への意識が高いが、地方の都市ではあまり知られていないかもしれない、と語った。さらに、逃走中の生活費、手術費について江藤は「近い存在の協力者、支援者がいるのではないか」と推測する。

   術後の写真も今週中には公開されるといわれる。みのは「早く見たい」と言った。果たしてどんな変貌をとげているのか。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中