身長180見たら1000万円!? 整形と市橋容疑者

印刷

<テレビウォッチ> 英国人女性、リンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22)の死体遺棄容疑で手配中の市橋達也容疑者(30)とみられる写真が公開された。名古屋の整形医院で手術を受ける前の顔だが、術後も大きくは変わっていないという。

   すでに別のところで整形しており、とにかく別人だ。手術をした医師も気づかず、あとになってカルテを整理していて、ホクロの切除跡がある(男性では珍しい)のに気付き、警察に通報したという。

どっちが

   手配写真とくらべてみると、(1)はね上がっていた眉が八の字に(2)目が二重に(3)鼻筋が通り、鼻翼が小さい(4)下唇が薄くなった(5)左頬のホクロがない(6)頬もふっくらしている……確かにこれではわからない。

   千葉県警は、この男が市橋かどうかを鑑定していたが、顔の輪郭などから間違いないと断定したというのだが、発表した写真はひげを取り除いてあった。ひげをつけたものも出すべきだろうに。

   捜査員は、この写真を見せては聞き込みに歩いていたわけだ。そんなことより、ひげの写真なんかは、通報のあったその日のうちに公表すべきだったろう。

   身長180センチの男なんてそうそういない。相変わらず警察の考えてることは分からない。

   しかしこれで、2年半まったく情報がなかったために、「死んでいるのでは」とまでいわれたのが、整形で姿を変えながら逃走していることがはっきりしたわけだ。

   小倉智昭が、スタジオで解説する医師に、「手術前と比べてどっちがいいですか?」ときいたが、「むずかしい。いまの方がいいということもある」という。

   整形というのは本人の思い込みだから、医師としては、口をはさめないということらしい。

佐々木秀実は、「明らかにおかしい顔してる」
大村正樹は、「こういう人いますよ」
小倉「耳は変わってないね。顔は、なんか卑弥呼の時代みたいな」
大村が手配写真を指して、「この顔に最初にメスを入れた医者がいるわけです」

   それはだれなのか。また、これだけの整形だと、100万円を軽くこえる費用になるという話だから、費用はどうしていたのか。まあ、いずれはわかるだろうが……。

   なんにしても、180センチの身長は変えられない。声も変えられない。とりあえずは、180センチの男を見かけたら、じっと観察しよう。懸賞金は 1000万円だ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中