松井秀は放出?残留? 「残って欲しい」VS「どこでもいい」

印刷

<テレビウォッチ> ヤンキーズを9年ぶり27回目の世界1に導いた松井秀喜選手(35)の快挙。日本選手初のワールドシリーズ最優秀選手(MVP)にも選ばれた。

   「今のお気持ちはどうですか?」に「最高です。言葉にならないくらい最高です。この瞬間のためにヤンキースに来たわけですから……」

移籍?

   「それもご自身がMVPですね」には謙虚に「ちょっと出来過ぎです」。

   ただ、松井選手には残されたもうひとつの大事な仕事が……。今年で切れるヤンキースとの契約。

   「ニューヨークが好きだしチームメイトも好き、ファンも好き」だと、ヤンキーズに残りたい意思表示をした松井だが、球団との話し合いで残留か移籍かを決めねばならない。

   キャスターの加藤浩次が「移籍するんじゃないかという話もありますね~」と。

   弁護士の八代英輝は「松井選手はニューヨーカーですからニューヨークにいたほうが……謙虚さなど人間としてもニューヨーカーに愛されているから。僕としてはヤンキースにいてほしい」。

   一方テリー伊藤は「個人的に言えば、名門のところもいいけど、どこへ行ってもいいと思っている。松井自身はヤンキーズにいたい気持ちはあるんでしょうが……」。

   これから15日の間にヤンキースと交渉し、契約に至らなければ他球団との交渉に入る。

   松井選手は自ら、選手としては「夕方4時男」と言っていたが、まだ暑い日差しが照りつけて、暮れるのはまだまだ先だ。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中