日本のストーカー事件 巨匠の手にかかると…(アンナと過ごした4日間)

印刷
(C)Alfama Films,Skopia Films
(C)Alfama Films,Skopia Films

   <アンナと過ごした4日間>ポーランドのさびれた田舎町にある病院の焼却施設で働き、病気の祖母を世話しながら暮らす独身の中年男、レオン。彼の唯一の楽しみは、向いの看護師寮に住むアンナの部屋を毎晩のぞき見ることだ。

   ある晩、レオンはついにアンナが寝ているときに彼女の部屋に忍び込む。その晩から『アンナと過ごした4日間』は始まった。

じわじわと心に

   ポーランドの巨匠、イエジー・スコリモフスキ監督の最新作。2008年東京国際映画祭の「審査員特別賞」受賞作でもある。

   日本でいま話題のストーカーの話が、遠いポーランドで作られるなんて不思議……と思っていたら、聞けば同監督は日本で実際にあったストーカーのニュースに着想を得て、本作を作ったのだという。

   また、ストーカーだけじゃなく、リストラあり、介護ありと、次々とレオンを襲う不幸も、いまの日本の社会問題と重なり、より物語の悲壮さが伝わってくる。

   ストーカーという行為は犯罪だけど、最後までアンナに真摯な態度を貫くレオン。本作のチラシや他の映画評などを見ても、何かと彼の『偏愛』が注目されているが、観る人はアンナの心情にもぜひ注目してもらいたい。とくに自分の部屋で見知らぬ指輪を見つけて、それを指にはめたときのアンナの表情は秀逸だ。

   「いつバレるかわからない」という緊張感を常に保ちながら迎えるラストも、大方の観客の予想を超える展開でひきつけられる。

   ただし、物語は過去と現在が何度も複雑に交錯しながら進み、観る側にもある程度の読解力が求められるのでご注意を。人間の孤独、人生の滑稽さが、じわじわと心にしみる。あとから、あとから、観てよかった~と思えてくる作品だ。

バード

   オススメ度:☆☆☆☆

日本ジャーナリスト専門学校プロフィール

日本ジャーナリスト専門学校
通称ジャナ専。東京都豊島区高田にあるマスコミの専門学校。1974年の開校以来、マスコミ各界へ多くの人材を供給し続けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中