草食系美男子の魔力に打ち勝て! おひとりさま万歳!?

印刷

   <おひとりさま>ドラマ公式ページを覗いてみてびっくり。なんと、「これからの女性は今まで恋愛対象外だった年下の男の子と付き合うのがトレンドになっていくのかも」だって!? そういうカップルはマイノリティーだと思っていたのに、時代は変わるものだなあ。しかし正直言ってこのドラマを見た感想は、「年下の男の子と付き合うよりも『おひとりさま』でいた方がいいかも」だったりして。

   『おひとりさま』とは決して「ひとりぼっち」という意味ではなく、「何でもできる自立したカッコイイ女性」のことを指すようだ。このドラマに登場するおひとりさまは、仕事に夢中になるあまりいつの間にか33歳になってしまった秋山里美(観月ありさ)。自由気ままな生活を送っていたはずなのに、23歳のイマドキ草食系男子・神坂真一(小池徹平)の登場で心が揺れる!?

「1人でいるとこんなに楽!」

   マンションの頭金を払えるまで貯金をしているのが、一流企業のキャリアウーマン……ではなく学校の先生というところが微妙だが、ストーリー自体は笑いあり感動ありと非常に満足のいくものになっている。

   私自身はまだ30代には突入していないけれども、「1人でいるとこんなに楽!」という点は里美とバッチリ共感できてしまう。里美と同じく、1人でレストランに入ってガッツリご飯を食べるのだって全く苦ではない。パートナーがいるとどうしても時間を拘束されてしまうし、やりたいことも出来ず仕舞い、お金だって好き勝手使い放題という訳にはいかなくなってしまうもの。いやぁ、おひとりさまの生き方は素晴らしい。このドラマを見ている女性の方々も、おひとりさまを楽しむ里美の様子に思わず「うんうん」と頷いてしまうシーンが1つはあるはずだ!

   「究極の格差恋愛」を謳っている所からすると、最終的に里美と真一はくっついてしまうのでしょう。里美には年下の可愛い草食系男子の魅力に打ち勝って、是非ともこのままおひとりさま暮らしを続けて欲しいものだ。<テレビウォッチ>

じょん

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中