岡田斗司夫がダイエット助言 「知らぬともったいない」と思うよ

印刷

   ダイエット手法を記した「いつまでもデブと思うなよ」の著書で知られる作家の岡田斗司夫が、2009年11月10日のブログでダイエットに関する助言をしている。

   ときおり出会うという「怖くて体重計に乗っていない」人に対して、「『いま自分が何キロか』を知らないともったいないよ」と体重計に乗ることを勧奨している。

「だってダイエットはじめたとき、最初の2週間ぐらいって一番体重が減りやすい時なんだよ。この時期の『うわ、落ちた!このダイエット法、いける!』という高揚感とか思いこみが強いモチベーションになって、自分を牽引してくれるんだから」

とし、「数値がわかったら、それをグラフの左端の一番上に書いて、あとは右肩下がりになるんだから、大丈夫」と、最後まで岡田式ダイエット法を力説していた。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中