ムダ事業仕分け「今回限り」 首相発言に反対相次ぐ

印刷

<テレビウォッチ> 「仕分け」が佳境を迎えている。2日目のきのう(11月12日)は、番組が紹介する朝日新聞によると、基金6000億円の返納を求めるなど、仕分け人たちの張り切りぶりが目立つ。そんな中、鳩山首相が、「『仕分け』は今回限り」と述べた、というのは東京新聞の記事。

   みのもんたが「これなんですよ」と、不満そうな口ぶりで与良正男(毎日新聞論説委員)に水を向ける。「次の年の予算は民主党内閣でしっかり組み立てるので仕分け作業はする必要がないと、鳩山さんは言いたいようだ。しかし、いまの内閣の大臣たちも『要求大臣』になっちゃっている。仕分け作業は続けた方がいい」と与良。

これなんです

   三屋裕子(元バレーボール選手)も「今回1回でうまく行くなんてあり得ない。反省してまた来年に生かすのが普通の考え方」と話す。

   北川正恭(元三重県知事)は「もう1つの考え方がある」として説明を加える。「国会は立法機関として法律をつくる。もう1つは、国政の調査権、審議権。いろんなことを調べ上げるという役割をしっかりしようと、国会法の改正案が通常国会に出てくるだろう。鳩山さんはそっちを重視しようということだけど、仕分けは何年間か続けた方がいい」。

   番組的には「続行」の判定が下された。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中