市橋容疑者とゲイクラブ 逃走劇とのつながりは?

印刷

<テレビウォッチ>イギリス人英会話学校講師の死体遺棄容疑で逮捕された容疑者は、相変わらず「ほとんどなにも話してない」(赤江珠緒キャスター)状況。

   そこで番組のほうも、逮捕前とほとんど変わらない。コメンテイター陣による逃亡の足跡の推理である。事件発生から、建設会社につとめるまでの「空白の11か月」、どこでどうしていたのか――。

裏の社会と

   山口一臣・週刊朝日編集長は「一応、情報として申し上げておきますが」と、未公開とくダネ!を匂わせる口調でコメント開始。事件から約半年後、「新宿2丁目」で市橋らしき男と関係を持ったという人(男と思われる)の告白が、週刊ポストで出た。当時、容疑者と付き合っていたと見られるゲイクラブのホストは大阪出身で、現在「各紙は情報確認に動いてる」という。これだけではわかりづらいが、つまりはこの記事のことを話していたようだ。

   「そういうお仕事をされてたってことも考えられますよね」と木場弘子・キャスター。

   「これだけ報じられてるのに、『ここに居た』という情報が出てこない。やはり裏の社会とか夜の世界に身を潜めていたのではないか」と、大谷昭宏も「2丁目」説に賛同の趣だった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中