2018年 7月 19日 (木)

のりピーVS草食男子 流行語大賞の行方

印刷

   <テレビウォッチ>晩秋が足早にとおりすぎ今2009年も暮れが近づいてきた。歴史に残る様々な出来事があった今年。その激動の世相をことばで表す恒例の『09年ユーキャン新語・流行語大賞』にノミネートされた60語が発表された。

   その60語の中から街の人が選んだ今年大賞になりそうな流行語は……

どうなの?

   まずは「政治」。衆院選で105議席から倍の308議席を獲得し与党になった民主党。60語の中には、鳩山首相のニックネーム『宇宙人』や『事業仕分け」も入っていたが、街の人は『政権交代』をあげた。

   「海外」では、今年1月、黒人初の大統領になったバラク・オバマの『CHANGE(チェンジ)』をあげる人も。

   「社会」では、元清純派女優が起こした覚せい剤取締法違反事件の衝撃から『のりピーショック』や安くて手軽なファッションを楽しむ『ファストファッション』、家庭的で優しいが恋愛には消極的な男子の『草食男子』などが。

   では、コメンテーターの意見は、女優の三船美佳が「私はファストファッション。うれしかったし楽しみが広がった」。

   一方、コラムニストの勝谷誠彦は職業柄か「社会の暗い面ばかりを見ている人間には(流行語大賞は)ピンとこない。婚活詐欺とか……」。

   これにテリー伊藤が「ポジティブな面を見てくといい。婚活、侍ジャパン、あと強引なんですが定額給付金があった」と。

   劇的な年の割には、みなが納得する劇的な流行語が見あたらない。

   最後に加藤浩次が「『のりピーショック』とかノミネートに入っているのはどうなんですかね~」と、いささか疑問視。

   これにテリーが「ダメじゃない」。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中