2018年 7月 18日 (水)

辻仁成、人生振り返る 「味方はつねに少なかった」

印刷

   ミュージシャンで作家の辻仁成が2009年11月16日のブログで、自らの人生について振り返っている。

   09年11月15日、12年前に暮らしていたニューヨークの街やセントラルパークを歩いていたら、「この12年間のこと」が頭をよぎった辻。「味方はつねに少なかった」「セントラルパークで昼寝をしながら、よく口笛を吹いてた」など過去に思いを馳せる。

   ただ、「自殺をしたいって考えたことはなかった」という。理由は、「紅葉のセントラルパークのように」「生きていないとけっして出会えない素晴らしいものがまだ世界にはたくさんある」から。

   最後は、「他人を気にせず、自分を貫きとおすのが辻流」だとし、「よし、歩け!」「どこまでも、前進あるのみだ」と自分に言い聞かせるように意気込んでいた。<テレビウォッチ>

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中