「国民・社民」政権から出て行け ソーリ「大臣は民主だけに」

印刷

<テレビウォッチ> 先の衆院選では「民主党に入れた」と、投票行動を明かした太田光総理(爆笑問題)。だが、「連立」政権は希望してなかったとして、「連立をやめて大臣は民主党議員だけにします」とのマニフェストを打ち出した。

   昨今は閣内でもめてる印象も与える鳩山内閣だが、とくに社民党や国民新党出身の大臣は、その主張が民主党とはかなり違ってるような場面も多い。なかでも、郵政見直しやモラトリアム法案、子供手当の所得制限、夫婦別姓などなど、なにかと活発に発言し、異色の存在感を誇示する亀井金融・郵政担当相は、ソーリの「悪意」の標的なんであった。

「古い政治に戻ってる」

勝てない

   亀井の発言をボードで説明しながら、「また出てきたこのオヤジ」と突っ込んでは、うんざり顔のソーリ。「昔の政治家という感じ」の亀井の顔やガラガラ声の喋りはどうにも受けつけられないらしく、「亀井ひとりが決めるなら、密室(政治)でやってたほうがマシだよ」「(やるのが)亀井じゃなきゃいい」などと、相当の嫌悪感をつのらせていた。

   亀井が代表をつとめる国民新党の亀井亜紀子議員が「ほかの大臣も亀井大臣に負けずに頑張って――(主張すればいい)」と代表を援護しにかかると、ソーリは即座に「あんたも失礼だよ。調子にのんじゃねーよ!」と、昔の政治家もかくやと思われる態度でドーカツするのであった。

   もうひとり、ソーリが気になってるのは民主党の小沢幹事長だ。党内で絶大な権力を持ち、誰も逆らえないのではと思われている政治家――。亀井といい、小沢といい、かつて自民党で活躍した古い政治家がまたぞろ暗躍してるのではないか。「『いままでの古臭い政治はイヤだ』って、政権交代したのに、また戻りそうに見える、戻ってるからイヤなんだよ」とソーリ。

   「1番、不満なのは鳩山サンがハッキリしないこと。きれいごと言うのはタダだから」。ハトの背後で、悪代官のような、人相の悪い、自民党の権化のような2人が本当の政治を操っているのではないか。それじゃあ、大昔の自民党と変わんないよ――ソーリはそうご懸念なさっているのだ。

   鳩山サンとは対照的に、この番組や漫才コンビ内では長年ワンマンなリーダーシップを発揮してきたと見えるソーリ。ただし、小さな国会での投票となれば、また別の話だ。今回もマニフェストは否決。「ここんとこ、(採決で)勝てないんですよ。民主党(政権)になってから」と、ぼやいて見せたソーリであった。

ボンド柳生

   *太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中(日本テレビ系)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中