工藤公康、古巣復帰 「西武のために頑張ります」

印刷

   プロ野球界現役最年長の工藤公康投手がブログで、西武ライオンズ入団への意欲を語っている。

   2009年11月15日の記事によると、ライオンズの一員として出発できることを感謝しているという。「これから一日一日を大事にし、頑張っていきたい」と意気込みを新たにする。

   16年ぶりの古巣復帰だ。ホークス、ジャイアンツ、ベイスターズと渡り歩いたベテラン左腕は、チームの外から見ることで、ライオンズの強さを初めて知ったという。

   「強いチームにするためには西武のような練習や、モチベーションを高く持っていかなくては勝てるチームにはできない!とあのころはがむしゃらに怒ったものです。今思えば僕自身もやはり若かったのでしょう!」

   工藤投手はこの復帰に、自分の出来る限りの努力を続けることを誓う。「誰にも負けないくらいの気持ちを持って、西武のために頑張ります」。背番号は来季、「55」をつけることになっている。<テレビウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中