シーラカンスっておいしいの? 稚魚の撮影に成功

印刷

   <昼ワイドウォッチ>シーラカンスの稚魚が泳ぐ姿の撮影に日本の調査隊が成功した。世界初という。福島県いわき市の海洋科学館「アクアマリンふくしま」が2009年11月16日、発表した。インドネシア現地の研究機関との合同調査中に撮影したという。17日の「ワイド!スクランブル」(テレビ朝日系)では、番組最終盤にゆっくりと泳ぐ稚魚の映像を流した。

   司会の寺崎貴司は、撮影された稚魚の体長は31.5センチとみられることなどを紹介。コメンテーターのジャーナリスト、須田慎一郎に「いかがですか」と振った。須田は「シーラカンス、食べるとおいしくないそうです」とのプチ情報を披露した。

   仮においしかったら、乱獲・日本などへ輸出……なんてことになったのだろうか。<テレビウォッチ>

赤坂和郎

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中