有野晋哉 「何やねん!デジタル社会って!」

印刷

   お笑いコンビよゐこの有野晋哉がブログで、デジタル機器の煩わしさに、ちょっぴりイラっとしている。

   2009年11月17日の記事によると、保存してあったはずのデータがまるっきり、無くなってしまったというのだ。データ復旧ソフトを買う手もあるが、どれがよいかはわからない。復旧センターに連絡する方法では、中身を見られるのが恥ずかしい。

   「別にいかがわしい写真はないけど、HDD内には、変な原稿とかいっぱい入ってるし、iTunesには、松山千春から宇宙刑事ギャバン、長渕剛の家族から山本正之のシビビーン・ラブソディーまで入ってる」

   もっとも、この事態に有野は思案を重ねる――。はじめからディスクの更新の際、コピーをとっておけばよかったのか。別のHDDを購入しておいた方がよかったのか。「それはなんだか勿体ない」。さらに考えは膨らんで、写真はアルバムに整理しておくべきか。原稿もバインダーにはさむべきか。音楽もCD-Rに残しておくべきだったか。有野はこう続ける。

   「そうなってくると、結局アナログやん。スペースの整理になれへん。何やねん!デジタル社会って!!!もう!」

<テレビウォッチ>
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中