フルーツポンチ村上の音痴 「克服」して大丈夫?

印刷

「SUPER SURPRISE」(日本テレビ) 2009年11月13日 19時~

   久しぶりにチェックしたら内容がずいぶん変わっていた。この日は「音痴矯正ツアー」なる企画で、ボイストレーナーによる丸1日の音痴矯正レッスンで音痴をどこまで克服出来るのかというものだった。チャレンジする芸能人は山田花子、髭男爵のひぐちくん、フルーツポンチの村上の3名。いずれも音痴で有名なお笑い芸人だ。音痴とはいえCDを4枚も出している山田花子は「つんく♂さんがモー娘。を売る前に私を売り出そうとしたんです」とプチ自慢を。ところが、その歌をラジオで流したところ「苦情が殺到した」んだとか。名プロデューサーつんく♂も迷っていた時期があったということだろう。ほかのふたりも「合唱コンクールの練習をしていたら先生に口パクでいいと言われた」(ひぐちくん)とか「バイト先の居酒屋でお客さんの誕生日に「ハッピーバースデー」を歌うのだが、あまりの音痴にキッチンでの仕事に変えられた」(村上)など音痴エピソードを語る。
   まずは採点式のカラオケでそれぞれの持ち歌を披露し、矯正レッスンを受けた後で再び歌い、点数がどれだけ上がったかで音痴の克服度をみようというものらしい。結果、3人とも点数は上がったのだが、よくよく考えれば彼らが音痴を克服するということはネタをひとつ失ってしまうことになる。おそらく、次、どこかで歌う機会があればまた元の音痴に戻っているに違いない。

(白蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中