東原亜希、がん検査の帰り道 「ほほえましい光景」に出会う

印刷

   現在イギリスに在住しているタレントの東原亜希が2009年11月18日のブログで、現地の「チャリティショップ」に感動した様子を綴っている。

   子宮頚がんの検査のため病院に行った帰り道、近くのチャリティショップに寄った東原。そこでレトロなパイレックスを買ったことを報告、「掘り出し物が結構あるのだよ~」とし、

「いらなくなったものをお店に持って行ってそれを安い値段で売ってその売上をがんとか病気のリサーチに使ったり恵まれない子供たちに寄付されたりするとっても素敵なシステム」

とチャリティショップについて紹介。また、そこに集まっていた人たちについて、「とってもほほえましい光景だったなぁ」と振り返る。

   東原は、ショップで働く「耳の遠いおじいちゃん」を見た。その人は「レジ打ちがおそかったり、値札見えてなかったり」したという。しかし、「横にいる別の店員さんがヘルプして」、「お客さんもにこにこ。いらいら」せずに見守っていた。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中