小泉ジュニアの論戦デビュー スタジオの採点は?

印刷

テレビウォッチ>みのもんたが「真摯な、まじめな質問のしかたが好感もてた」、コメンテーターの小松成美(ノンフィクション作家)は「すがすがしい質問でした」と評したのが、小泉進次郎衆院議員(28)の論戦デビュー。

   浜田靖一・自民党国対筆頭副委員長いうところの「わが党のエース」が、きのう(11月18日)の内閣委員会で質問に立ったのである。

   デビュー戦で新人エースは「自民党では20代は1人しかいません。その私に質問の機会を与えていただいてありがとうございました」と始め、主に「子ども手当」について政府の見解を質す。恒久的な制度か、その財源は消費税か、と尋ねる。

   政府側の相手は、かつて父親の小泉純一郎元首相と対決した菅副総理。副総理は、恒久的措置であること、消費税に頼るつもりはないなど、さらりと答えてシッポをつかませない。ルーキーが政府側を追い込むところまでは行かなかったようだ。

   1時間にわたる質問終了後、副総理は自ら進次郎議員に歩み寄って握手を求め、言葉を交わす余裕も見せる。新人議員本人が記者たちに話したところによると、副総理からは「なかなかいい質問だったよ」と労われたらしい。

   嶌信彦(白鴎大学教授)は「彼しかスターがいないのは寂しい」と自民党に同情を寄せる。自民党の衰退を浮き上がらせるシーンになった。

文   アレマ
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中