橋下府知事が下した 民主政権への採点、なんと…

印刷

<テレビウォッチ>地方自治体の首長の立場から、常日頃国政にクレームをつけてばかりな感のある橋下徹・大阪府知事。だが、玉川徹リポーターが民主党政権と地方分権について訊きにいくと、笑顔とともに意外な高評価が聞かれた。「(新政権は)100点(満点)です」。「100!? それはどういう根拠で?」と玉川もオドロキだ。

   橋下曰く、細かい不満を言い出したらキリがないが、今まで出来なかったことが民主党政権で次々と動こうとしてる。これが1番重要な点なのだという。「どんだけ言ったってビクとも動かなかったものが、大臣の一声で徐々に風穴が開きつつあるんですもん」「民主党さんの政治の力で役所が動いてることは間違いないです。これは実感します」

   橋下は国民にも政権へのサポートを求めている。「ゼッタイ、国民のみなさんはしばらくはこのまま押しつづけないとダメ。ここで(国民が)離れてしまえば、動こうとしてるものが、また元に戻ってしまう」

   道州制などをめぐって、民主党とはずいぶん考え方の違いはあるものの、「結論としては……」と取材にあたった玉川。「民主党は完璧じゃないけど、応援してまっせという感じ」だったそうだ。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中