ウオッカ「乗り替わり」に武豊 「そういうことあるのも騎手稼業」

印刷

   騎手の武豊が2009年11月19日のブログで、秋のGI戦線について綴っている。

   先週のGI「エリザベス女王杯」(15日)は、前半から後続を大きく離す「大逃げ」をうった穴馬2頭が1、2着。最後の直線でもあまりに差が開いていたことから、逃げた2頭の騎手以外は「ボクも含めて面白くもなんともない競馬でした」と明かす。40歳のトップジョッキーをして「こんな落とし穴もあるんだ、といまさらながら競馬の恐ろしさを学びました」と言わしめたレースだった。

   GIレースは毎週続く。だが今週の「マイルチャンピオンシップ」(22日)に武の乗り馬はいない。「仕方がありません。見学です」ともらす。来週の「ジャパンカップ」(29日)も、手綱を取り続けたウオッカがフランスのクリストフ・ルメール騎手に乗り替わることが決まり「そういうこともあるのが騎手稼業ですから、落ち込んでもいられません」と綴るが、やや残念そう。

   2週連続でGIに乗り馬がいなくなる危機だったが、「入れ替わり」でダービー2着馬・リーチザクラウンの騎乗依頼が舞い込んだという。「感謝して、全力を出し切ることに頭を切り換えています」と気持ちを新たにしていた。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中