宮根誠司のミヤネ屋 「一人勝ち」の勝因は?

印刷

「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ) 2009年11月17日 13時55分~

   他局のワイドショーの司会者が冴えないので、この時間帯の一人勝ち状態であるミヤネ屋の勝因は、間違いなく宮根誠司のキャラクターにある。濃い大阪弁を駆使して歩き回る宮根は、ラッキョみたいな頭の形に、ちょっとガニマタで、ハンサムではないが醜くもなく、図々しそうで傲慢ではなく、オバハン客を上から目線で見下ろす感がなきにしもあらずなのに嫌われず、セクシーだから許されている。得なポストを占めたものだ。
   この日のコメンテーターは松尾貴史や高野孟や春川正明ら。おかしいのは東京の「ザ・ワイド」がなくなってから、雪崩を打ってあの番組から流れてきたアブレ組(大宅映子や見城美枝子ら)コメンテーターを拾い上げ、東京に媚びたことである。関西ローカルではもたないのが体験的にわかっていたのか。よほど東京にウケたいのか。
   この日のメニューは雑多な事件もの、韓国での火事の続報、絶食が続く市橋容疑者、新型インフルなどをあーだこーだと俎上に上げて喋って終わり。人気コーナーだかなんだか知らないが、『スパルタ料理塾』では、主婦を鶏のつくね作りで料理人がいびりまくる。画面に罵詈雑言のいびり文句が文字で出るのだが、このテイストは東京人には徹底的に合わない。下品を売り物にした関西人の自虐的感覚は、料理を作る場面にそぐわず、不快感だけが残る。第1、料理作りの場で、あんなに怒鳴られたら、ツバが飛んで汚いだろうが。

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中