だじゃれグランプリ 中野美奈子の「作品」は…

印刷

<テレビウォッチ> 笠井信輔が、「この写真を見て、だじゃれをひと言、はいどうぞ」と、出したのはネコが寝ている写真。みんな「……」。中野美奈子が「ネコがネコろんでる」。「そうそう、ネコがネコんでるとかね」

   日本で初めてのだじゃれのグランプリ(D1)があった。全国の予選を通過した小学生から大人までが、出された「お題」に30秒以内に答える。こんな具合だ。

頭の体操に
お題「だいこん」 「ダイコン売り場が大混雑」
お題「いと」 「糸を通す意図がわかりません」
お題「とんび」 「とんびさんどこまでとんびましょうか」
お題「アラフォー」 「魚のアラ、フォークでとるととりやすいよ。あらフォー」

   2人ずつの対決で、3人の審判が判定を出す。決勝に勝ち進んだのは、東京の小学5年生筒井ゆうやと秋田の中学1年生高橋源。お題は「なべいろいろ」

筒井「ゴールを目指してモツ鍋を持ちながら走ってモツ鍋を食べた。もー疲れたよ」
高橋「キムチ鍋食べるとキムチいいなぁ」

   で、優勝は秋田の中学生に。

   そこで、だじゃれが売りのデーブ・スペクターが登場。

   「おはようございむしょう(財務相)」「ナイストゥミートソース」「何でも知ってるヤフー(やく)みつるです」と寒いのを連発。

   D1の結果については、「高橋君はけっこうイケてるんじゃないですか。ボクも全部が面白いわけじゃないですから、芸名をダイブ・スベッターに変えたんですけど」「笑顔で明るくやればだいたい許されますよね」

   笠井は、「笑いをとるだけで評価じゃなくて、むしろホーという感心の声の方が大きかったと」「30秒以内ですから、子どもの方が回転がいい。前田さんみたいだと回転しない」

前田忠明「全然わかんないね」
笠井が「頭の体操にはいいんじゃないでしょうか」
中野「普段から練習してるんでしょうか」
小倉「あれがだじゃれの天才を生むんですよ」
前田「われわれがやると、寒いっていわれるから」
笠井「小倉さんも最近おやじギャグが増えましたね」
小倉「何ですか、そのいい方は。だから秋田は天才だといってるじゃないですか」(笑い)
文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中