つるの剛士 将棋「どうやって教えるべきか」

印刷

   将棋アマチュア2段の腕前でも知られるタレント、つるの剛士がブログで、最近では息子に将棋を教えていると紹介している。

   2009年11月23日の記事によると、まずは基本的な「駒の名前」「駒の並べ方」を教えたのだそうだ。しかし、誰かに対して、ゼロからものを教えることは、なかなかに難しい。「教えてるハズなのに逆に勉強になりましたわ」とおどける。

   これらをクリアすると、今度は難問「駒の動かし方」がある。息子はひらがなが読めるようになったので、つるのは、手書きの図を書いて示したのだという。それでも教えるのは難しいようで、「どうやって教えるべきか」とももらしてもいる。

   もっとも、つるのは息子と、いつの日か対局できるのを楽しみにしているそうだ。「これパパのささやかな夢なんです」<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中