バレーボールの川合俊一 32年ぶり「銅」に「未来は明るい」

印刷

   元バレーボール選手でタレントの川合俊一がブログで、男子バレーボールの復権を喜んでいる。

   2009年11月23日に最終日を迎えたワールドグランドチャンピオンズカップ(グラチャン)男子大会で日本代表は3勝2敗で3位。主要国際大会では1977年のワールドカップ(2位)以来32年ぶりのメダル獲得となった。

   川合自身、77年の大会を中学生のときに観戦していた。「今でも世界の選手の名前は覚えています」というほど鮮烈な印象を残したメダル獲得。それだけに今回の「銅メダル獲得」に影響を受けた子どもたちがバレーボールをするようになれば「(選手)層が厚くなり、常に世界大会でメダルがとれるようになる」と期するものは大きい。

   実際に今回のグラチャンでは、清水邦広選手が最多得点の「ベストスコアラー」、福沢達哉選手もスパイク決定率が最も高い「ベストスパイカー」を獲得。確実に個人のレベルは上がっている。これに「これからの日本の未来は明るい」とうれしそうな川合。「勝ってるバレーボール」は「どんなスポーツよりも興奮する」とし、「強くなりたいねー」と、より一層の進化を願っていた。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中