2018年 7月 22日 (日)

卓球ロボの実力 ターミネーター級?

印刷

<テレビウォッチ>今日(11月25日)から4日間開かれる「国際ロボット展」の開幕直前、佐々木亮太アナが一足早く実況リポートに訪れた。「すごいものを見つけた」と興奮気味に指さすのは、「すごく屈強そうなマッチョなモノ」である。

   映像がないとなんのことやらサッパリだが、背が高く、サングラスをかけたSFアニメ映画の悪役風のロボットのことである。手には赤い卓球のラケットを握り、卓球台も置かれている。これは未来のヒト形卓球ロボットなのだ。

   「いざ勝負!」と叫んで、ゆるいサーブを放つ佐々木。「アレ!?」。ボールはマッチョのボディにそのまま当たり、脇へ転がった。もう1度、やはり同じ。強そうな卓球ロボはラケットにボールを当てられないという見かけ倒しなオドロキの結果となった。

   じつは、このロボットはまだ組み立て中で調整中だったという。ベトナムなどから運ばれてきた機械は、電圧の違いなどで非常にデリケートなんだそうで。「出来上がりを見るのが楽しみだなあ」と言う佐々木だが、視聴者的には、その実力のほどに大きな疑問符をつけざるをえなかった。

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中