羽野晶紀、「二の酉」に思う 「不景気だと人出も増える」

印刷

   狂言師・和泉元彌の妻で、タレントの羽野晶紀が2009年11月24日のブログで、同日に開催された「開運招福・商売繁盛」を願う祭り「浅草酉の市」の「二の酉」に行ってきたと報告している。

   毎年多くの人でにぎわうが、羽野がまず思ったのは「不景気だと、より人出も増えるのか…」ということ。今年も「もみくちゃになりながら」参拝し、家内安全と商売繁盛を「お願い」してきたという。もちろん名物の「熊手」も購入した。今年も無事に「お参り」ができたことで、「あ~~今年も終わるな~~。来年はもっといい年になるといいな~~」と満足そうに綴り「すべてに感謝しながら、よい年末を迎えたいですね」と結んでいた。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中