「自民党は和魂党へ」名称変更説 本気なのか冗談か

印刷

テレビウォッチ>「きょう(11月26日)の朝刊でいちばん目をひかれたのはこのニュース」と与良正男(毎日新聞論説委員)が紹介した読売新聞の記事は、自民党が党名変更の論議を始めたという話題。

   みのもんたが、「党名を変えて55年体制を払拭しようとしてるんだ」と、意味不明のコメントを発する。

お砂糖?

   与良の説明によると、「名前が嫌われているから話を聞いてもらえない」と悲鳴が上がり、伊吹文明・党政権構想会議議長代理がリーダー役になって検討を進めているらしい。で、出された新党名案は「自由新党」「和魂党」。

   「『自由新党』くらいはわかるけど、『和魂党』って誰が言ってんだろう」と与良が笑う。みのは「お砂糖の種類?」と茶化す。「あるいはクスリか」と与良。みのは「何これ?」、与良は「あんまりだな」と呆れた。

   「和魂」は「大和魂」を意識したものだろうか。復古調というのか、根性論に傾いたというべきか、それとも、ただの冗談話なのか。

   いずれにしても、名前を変えるよりは顔を変える方が先のように思える。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中