蓮舫を仕分けろ! ノーベル賞級のバッシング

印刷

テレビウォッチ>蓮舫「必殺仕分け人」がバッシングを受けている。例の、スパコン開発に関する「世界1になる理由は何があるんでしょうか? 2位じゃダメなんでしょうか?」という発言である。ノーベル賞受賞者が続々、批判の声を上げた。

   物理学賞の益川敏英・京都産業大学教授は、みのもんたのインタビューに応じて「全然、科学というものがわかっていない、あの女の人は……日本の中の科学は枯れますね」と述べる。そして、「紅衛兵運動のような、気に食わんからやめてしまえみたいな、乱暴な議論はやめてほしい」とまで言った。

   化学賞の野依良治・理化学研究所理事長も「不用意に事業の廃止、凍結を主張する方々は将来、歴史という法廷に立つ覚悟はできているのか」と、蓮舫発言を強く牽制する。科学者たちの危機感は相当のようだ。

   ただ、与良正男(毎日新聞論説委員)が指摘するように、事業仕分けが最終判定の場ではない。この先、何段階かの調整が行われ、最後は総理が決定することになる。その首相も「ノーベル賞受賞者の方々のお気持ちが奈辺にあるのか、お目にかかって聞いてみたい」と語っている。与良が予想するように、おそらくスパコン予算は復活されるのだろう。

   医学・生理学賞の利根川進が「天下りを減らす方はやるけれども、スーパーコンピューターの開発はやるというふうに『仕分け』てもらわないと……」と話すあたりに落ち着くのではあるまいか。

   与良が「仕分け人は悪役になっているけど、議論を巻き起こしたことはよかった」とまとめた。

文   アレマ
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中