2018年 7月 17日 (火)

麻生も鳩山も「山本リンダ状態」

印刷

   <1年前のワイドショー通信簿>2008年11月27日、麻生太郎首相(当時)が「失言」について謝罪した。このときの「失言」内容は、社会保障を巡り「たらたら飲んで食べて何もしない人の分の金を何で私が払うんだ」といったものだった。

   「『舛添さん、なんでフォローしないの?』~」(朝ズバ、08年11月28日)、「麻生首相『山本リンダ状態』 とはこれいかに?」(スパモニ、11月28日)が取り上げた。

   スパモニ通信簿は、山本リンダの代表曲の歌詞「もうどうにもとまらない」にひっかけ、麻生首相の放言や失言が続くことを皮肉る声が出ていることを伝えた。スタジオでは、週刊朝日編集長の山口一臣が「深刻なのは、麻生さんの本心、本音が出ていること」と指摘した。

   2009年11月。鳩山由紀夫首相の政治資金絡みの「偽装」報道が続いている。こちらの方も「どうにもとまらない」勢いのようだ。困っちゃうな。

テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中