宮城に「未知の動物足跡」 カンガルーなのか

印刷

<テレビウォッチ> 「日本にカンガルーはいるのか?」と笠井信輔アナ。宮城県大崎市では、日本には生息してないはずのカンガルーの目撃情報が数年前から相次いでるそうだ。

   それって、カモシカなど、ほかの動物の見間違いじゃないの!? 地元で猟友会の支部長もつとめたというある目撃者はそんな疑問を一笑に付した。「カモシカとか、そんな動物だったらわかる」。さらに番組が調査を進めると、未知にして謎の動物の足跡を発見し、カンガルーのそれにも似てなくもないフンも見つかった。

さっ続いて

   しかし、動物専門家によれば、大崎のような森がちな土地ではカンガルーは暮らしづらいし、気候的にも難しいだろうと否定的な見解だ。

   それでは、ここでひとつ目利きの見立てを仰ぐこととしよう。「いますね。カンガルーいます」と小倉智昭は断言。「大崎の村おこし! 違う?」「いたほうが楽しいよ」などと1人ではしゃいでいたが、笠井は「さっ、続いて参りましょう」とあっさり次のネタに進行。オグラは「盛り上がってるのに、『さっ』て言うのヤメてくれる?」とクレームをつけていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中