相次いでいた強盗・強姦事件 千葉女子大生事件との関連は?

印刷

<テレビウォッチ> 番組冒頭、10月22日、千葉・松戸市のマンションで発生した女子大生放火、殺人事件に動きのあったことが報じられる。

   この事件では、松戸駅周辺のATMで被害女子大生の口座から現金を引き出す男の写真が公開されたが、別の強盗、強姦未遂事件で逮捕された男(48)の体の特徴が、写真の男と似ているというのである。以下もナレーションによる報告。

手口が

   ――千葉県では、9月から11月にかけて強盗、強姦事件が相次ぎ、複数の現場で見つかったDNAが男のものと一致したという。このうち、千葉県北部の事件では、公開写真と同じような青いシャツ、黒い帽子の男が被害女性の口座から金を下ろす様子がATMの防犯カメラに写っていた。男は、神奈川県で起きた強盗、傷害事件で服役し、9月に出所したばかりだった――

   加藤浩次が「手口が似ているんですよね」とテリー伊藤に振る。「一部報道では松戸の件について自供しているとの話もある。何らかの形で近くわかってくるのではないか」とテリー。

   テリーの「予言」は、じきに証明された。番組終盤のニュースコーナーで、男が、松戸駅近辺のATMに写っていたのが自分だと認める主旨の供述をしていると伝えられたのだ。

   明日(12月1日)も続きが報じられることになるのだろう。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中