田代まさし「内藤・亀田戦」を観戦 「華がある」と評価したのは…

印刷

   元タレントの田代まさしが2009年11月30日のブログで、29日に行われたボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチ、「内藤大助-亀田興毅」の試合を観戦したと報告している。

   結果は亀田選手の判定勝ち。だが田代はその戦いぶりにやや不満が残った様子。内藤選手の「前へ出てくる」ボクシングを、「ガードを固めてカウンターを合わせる」戦法で受けた亀田選手。そういった「負けはしないがKOも無い」ような戦い方を「ボクシングファンは嫌う」のだという。

   だが、「勝ち負けはともかく」と言いながら田代が評価するのは「亀田興毅にボクサーとしての華がある」こと。今のボクシング界には「そういった華のあるボクサーが必要だと思うのであった」と試合を振り返りながら述懐していた。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中