開局50周年気合いの特番にみた フジテレビの「忘れもの」

印刷

   <テレビウォッチ>フジテレビ開局50周年の3夜連続スペシャル企画「探そう! ニッポン人の忘れもの」。初日は「めざましテレビ」と「とくダネ!」のコラボだった。寄せられた作文を紹介しながら過去のブームをおさらいした。

   パンダやオセロ、エリマキトカゲなんかが出てきた。1990年代では、人面魚や矢ガモ、ルーズソックス、たまごっち、だんご3兄弟など。「負け続け」で有名になった競馬のハルウララの「今」も紹介された。引退後、北海道で静養しており、あの人気・実力ともにあったディープインパクトと近く繁殖のために「お見合い」するそうだ。

   テレビリポーターの突撃ぶりも振り返っていた。昔はこんなにすごかった、というタッチだった。「忘れもの」として、オフクロ像も取り上げられた。昔のドラマ、肝っ玉母さんも紹介した。今の理想の母ランキングも出てきた。3位真矢みき、2位黒木瞳、1位は辻ちゃんだった。母というよりお友達感覚なんだろうな。

   ケータイを使わずにカップルが落ち合えるか、という実験もやっていた。どうもピンと来なくてつまらなかった。

   とくダネの小倉智昭、めざましの大塚範一、高島彩の3人は頑張っていた。が、全体的にあんまり面白くなかった。過去の映像を交えながら社会風俗をモーニングショーの手法で斬る趣向ではあった。とりとめもなくいろんな映像が流れ、何を言いたかったの?と聞きたくなる展開だった。力を入れていたことは伝わってきたが、その割にどこが肝なのか分からない番組になってしまった。詰め込み過ぎというか、まあ端的につまらなかった。あと2夜続く番組は見なくていいな、そんな気分になった。

      なでるだけ こんな特番 見たくない

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中