よゐこのじっくりネタ ショートにない良さとは

印刷

「笑・神・降・臨」(NHK総合) 2009年11月24日 0時10分~

   最近のお笑い番組は数分間でネタをみせるショートネタが主流だがこの「笑・神・降・臨」は違う。1組の芸人がじっくり芸をみせる30分番組だ。オープニングのナレーションで「世相に流されない真のお笑いファンに捧ぐ」とあったがまさにそのとおり。お笑い好きにはたまらない番組だ。昨年、「番組たまご」の枠で実験的に放送され、今年、4月に2か月間、第1シリーズを放送。10月から第2シリーズがスタートしている。
   この日の出演は「よゐこ」。「めちゃイケ」のレギュラーや、「いきなり!黄金伝説」などでおなじみだが、最近、テレビでネタをやっているのを見たことがない。2人ともゲームやアニメ好きで知られており、今回もそれに関連したものが多かった。たとえば「脇役」。カレーパンマンに扮した濱口としょくぱんまんに扮した有野が、楽屋で「最近出番少ないんちゃう」「だいたいアンパンマンキャラ多すぎやねん」「あいつが出て来てからおかしなったわ、てんどんまん」「パンちゃうやん」……とまあこんな感じ。ほかに漫画喫茶に「20世紀少年」のともだちがやってくる「ともだち」や有野が「スーパーマリオブラザーズ」のマリオに扮してクイズを出題する「クイズ$マリオネア」なども。
   第2シリーズはこれが最終回。第3シリーズをやるかやらないかは視聴者の反響如何だとか。とりあえず1票を入れたい。

(白蘭)

採点:2
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中