伊達公子、オフシーズンの心配事 「頭が切り換えられるか?」

印刷

   女子テニスのクルム伊達公子が2009年11月30日のブログで、「今日からオフシーズンに入りました」と報告している。

   しかし、ゆっくりする暇はなさそうで、この日も「9時にはお家を出発」して撮影の仕事。シーズン中は「スケジュールをなかなか組めない」ので、この時期に集中するのだという。感想は「寒かったっ…けど楽しくお仕事してきました」そうだ。

   そして翌12月1日は「客員教授」として大阪で「講義」を行う予定だという。やや不安そうなのは、「久々の講義で頭が切り換えられるか??」ということ。ただ、そんな毎日続く仕事にも「オフシーズン」というだけで「気持ちの上でやはりリラックスできています」と綴る。束の間の休息期間に夫との時間も「大切」にしたいといい、「リフレッシュを思いっきりしたいと思います」と結んでいた。<テレビウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中