幻想的な夜景動画 高画質ボタンをオン!

印刷

<テレビウォッチ>ちょっと前(といっても、もう1年になる)から、動画サイトのYouTube(ユーチューブ)の再生画面の下に「HD」と書かれたボタンが追加されている。押せば赤く点灯して、HDオン!となる。

   念のため説明すると、「HD」はハイ・ディフィニションの略。走査線の数が多くて、キメの細かい高品質な映像といった意味である。だが、おそろしいことに上には上があるものだ。YouTubeがこれまで対応していたのは720pというHD規格。ところが、なんと先11月からは、より数の多い1080pに対応しはじめたのである。

   そこで当探偵社は、最新の高画質をチェックし、はたまたどんな動画が人気を集めているのかを探索するため、さっそく現場に飛んだ。

   「1080p」のキーワードで調査を開始すると、ミュージックビデオや映画のトレーラーが多く目に付いた。再生回数の1位は約130万回でブラック・アイド・ピーズのビデオだった。私家版では、日本の「(HD) 夜のゆりかもめ(新橋→豊洲) 01」が約16万回再生。ゆりかもめの車窓から広がる幻想的な夜景をおさめたHD動画である。

   なお、「HD」動画には720pと1080pから、好きなほうを選択できる場合がある。ボタンのとなりにある上向き三角マークで選択する。通常バージョンを含めた3者を比較してみると、たしかに走査線が増えるにつれて、「絵」は鮮明になっていく気がする半面、「映像」のほうはコマ送りのようにぎこちなくなってしまった。

   YouTubeには、1080p(1080i)と720pと比較した動画もけっこう投稿されている。違いはそんなに分からないという意見も少なくないようだ。

   なお、最後にお断りしておくが、当探偵社が使用している調査機材はそう高品質なものではない。

                             

OP・コンチーネ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中