岡田外相、委員会の環境整備訴え 「総理が何でこんなイスで……」

印刷

   岡田克也外相が2009年11月30日のブログで、「改めて予算委員会をやってみて感じること」を書いている。

   「もう少し環境整備をしたほうが良い」といい、その一例として委員会の「イス」を挙げている。1つの長机に3人座るが、「ほとんど身動きの取れないほどイスが大きい」という。また、答弁する閣僚の「イスはとても立派」だが、「歴代総理、あるいは閣僚が何でこんなイスで我慢していたのか不思議」なくらい「クッションが柔らかくてずっと座っていると腰が痛く」なるらしい。

   岡田外相は、「権威も大事で、そのために手の込んだ細工のイスも良い」と認めながらも、「無駄な体力や無駄な負担」をなくすため「安くて機能的なイス」に取り替えていきたいと、イスからの環境整備を打ち出していた。<テレビウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中