2020年 7月 12日 (日)

女子高生に大ブレイク 「世界に1足だけの靴」とは

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   夢に向かって奮闘するアジアの若者を見つめるドキュメンタリー番組「アジアンスマイル」。今回は、2人の女性シューズデザイナーにスポットを当てる。

   インドネシアに住むティナとダニ(ともに26)は、3年前、女子高生が制服に合わせて履く白いズック靴に似顔絵などひとつ一つオリジナルの絵を描くビジネスを路上販売からスタートさせた。彼女たちがデザインするシューズは、女子高生の間で瞬く間にブレイク。今や流行最先端のショッピングモールに店を構えるほどになった。ただ、ビジネスが大きくなるにつれ仕事の幅は広がるばかりで、単純な気持ちで始めた2人には戸惑いもあるという。

   番組では、さまざまな葛藤を抱えながらも、「世界に1足だけの靴を届けたい」と前向きに生きる彼女たちの等身大の姿を追う。

アジアンスマイル

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中