英会話講師殺人事件 容疑者「顔パンパン」の理由

印刷

   <テレビウォッチ>英会話講師の英国人女性(事件当時22)の遺体を遺棄したとして逮捕されていた男(30)が、殺人と強姦致死の罪で再逮捕された。

   殺人容疑はおり込みずみともいえるが、強姦致死の方を事前に予想していたメディアはなかったような気がする。被害者の遺体から体液が検出され、男のDNAと一致したというのである。

プライド

   警察から公表された新情報にもとづいてテリー伊藤がいつもながらの想像力を働かせる――被害者は、イギリスから1人で来日した女性だからプライドが高く強いところもあるだろう。部屋に入って襲う状況になって、男は「何やってんの、アンタ」と罵声を浴びた可能性も高い。男は逆上して殴る、蹴るなどし、強姦しながら殺意をもったかもしれない……

   ――男の方もプライドが高い。逮捕当初、絶食したのはその表れだろう。情けない形で強姦したことを自覚として持っていると思う。それを口にすることが情けない、自分のプライドを傷つけることになる、そういう深層心理があって黙秘しているのかもしれない――

   さらにテリーは、男の弁護士が2つの罪をつけられて不利になるから、ちゃんと喋りなさい、と供述を勧めることもあり得る、と語った。

   この点については、コメンテーターの本村健太郎(弁護士)も「捜査段階で一切、喋らないで、裁判になって初めて喋る選択はある」と述べる。

   男は弁護団にアンパンやチョコレートなど甘いものの差し入れを求めているといい、「顔がパンパンになっている」(捜査幹部)そうだ。男は、その腹にため込まれた事実をいつ吐きだすのだろうか。 

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中